利用手引き

(1).苗字順位検索【注】 

 左側目次の苗字順位検索をクリックして、検索する苗字を漢字で入力する。
 本サイトでは苗字の漢字字体を統合していますので、旧字体、異体字、俗字などはご注意ください。
 完全一致検索ボタンをクリックすると、苗字順位が表示されますが、本データベースに未登録の苗字は表示されません。 部分一致検索ボタンをクリックすると、該当漢字が含まれる苗字が複数表示されます。
 入力不可能な漢字(第三水準、第四水準など)使用苗字の一部は、苗字拾遺の検索不能頁に掲載。

(2).苗字順位表【注】

 苗字順位検索の結果順位をもとに、左側目次の苗字順位(例えば1234位ならば「1001位-2000位」をクリックして順位表を見れば、人口、出自、由来や分布状況が解る。
 順位表は100件ずつ表示していますので、該当範囲の順位ボタンをクリックする。
 7001位以降は、「苗字拾遺(7001位以降)」のボタンをクリックした後、苗字順位帯選択のドロップダウンリストメニューで該当範囲をクリックする。
 更に詳細範囲のボタンで絞り込み該当順位が表示されるまで次頁(前頁)ボタンでスクロールする。

(3).姓氏類別大観

 苗字の出自が解った場合、詳細な氏族、属流や略系図などが見られる。
 ただし各苗字の出自は歴史的に代表なものを掲載しており異説や異流も多く、さらに各人による調査が望まれる。
 以下の「旧国名別苗字大観」、「苗字調査資料(姓氏出自解題)」も併せて利用することをお勧めする。
 苗字の出自が解らないが利用したい場合、検索エンジンなどで「日本の苗字七千傑【××氏】」と入力してヒットした複数の「姓氏類別大観」Web頁を閲覧する。

(4).旧国名別苗字大観【注】

 旧国名ごとに苗字分布や興起した氏族、属流は異なり、出身地が解れば出自も有る程度推定できる。
 該当する旧国名をクリックすれば、旧国で著名な苗字や隆盛した氏族が表示される。
 旧国の郡区分については「各種一覧」の旧国郡区分図を参照のこと。

(5).主要苗字代表家紋【注】

 各苗字で代表的に使用される家紋を掲載している。 検索する苗字を漢字で入力する。
 本サイトでは苗字の漢字字体を統合していますので、旧字体、異体字、俗字などはご注意ください。
 完全一致検索ボタンをクリックすると、苗字の代表家紋が表示されます。 部分一致検索ボタンをクリックすると、該当漢字が含まれる複数の苗字代表家紋が表示されます。
 8苗字ごと表示していますので次頁(前頁)ボタンでスクロールする。
 「TEXT版へ」をクリックすると、「TEXT版」が利用できます。
 検索する苗字を漢字で入力すると、家紋と出自が最大18行表示されます。
 18行を超える場合は次頁(前頁)ボタンでスクロールする。
 「TEXT版」と「グラフィック版」は収録データが異なります。
 家紋や出自は代表的なものですから、詳細は各種文献をご利用下さい。

(6).現代名流家紋抄【注】

 明治以降の名家の家紋を掲載している。
 検索する苗字を漢字で入力する。諸説ある家紋については代表的なものを掲載
 出自、旧幕時代の職、明治以降の受爵、代表的人物を掲載。

(7).苗字調査資料

 さらに詳しい祖先のルーツを調査するための資料紹介頁である。
 調査の三種の神器ともいえるNTTハローページ、系図集、姓氏事典などを紹介。
 姓氏別文献
【注】は、さらに詳しい姓氏の資料を探る際に有用。
 また姓氏出自解題では、出自に関する異説などの分析に言及。

(8).各種一覧【注】
 姓氏を調査する過程で参考にする基本的一覧。 姓氏名数一覧、天皇一覧、国造一覧、宮家一覧、公家一覧、大名一覧、旧国郡区分図。
(9).Q & A
 苗字に関する質問の多い項目を質疑応答形式で掲載。
(10).苗字関連リンク

 苗字関連のリンク集で総合、氏族、苗字、家紋、歴史・郷土の五分野に分類している。
 リンクご希望のサイト様はメールでご連絡ください。

(11).サイトマップについて

 左側目次のサイトマップをクリックすると、サブウィンドウが開かれサブウィンドウからダイレクトに各頁の切り替えが可能になる。 深い階層へのアクセスが多いリピータの方々へ利用をお勧めする。


 
【注】なぜ、Windows(IE4以上)以外で検索などが出来ないのか?
 

 本Webサイトは、アクセス負荷低減の為にマイクロソフト社のデータバインド技術を使用しています。
 残念ながら苗字順位検索などは、Google Chrome、Firefox、Safari、Opera、Netscapeなどのブラウザでは利用できません。
 また現状ではMac、Andoroid、UNIX、Linux、RISC、OS/2、超漢字、WebBoy、プレステ2などの非Windows機環境でも利用できません。
 ブラウザがマイクロソフト社IE4.0以上であること、JavaScriptが使える環境が必須です。
 「サイトマップ」のボタンを押して表示出来れば、JavaScriptが機能しています。
 かなり以前はCGIを利用したブラウザに依存しない検索機能を提供してきましたが、サーバ依存型の方式では共用サーバに超過大負荷を及ぼすため停止しています。
 Windows機のInternet Exploer環境で動作確認を行っています。
 誠に恐縮ですがMac、Android、UNIXワークステーション等の他機種に関する質問はご遠慮ください。
 

データバインドの動作状況

O  S ブラウザ シェア データバイントの動作

Microsoft Windows

Internet Explorer4.0以上 93.02%
その他 4.28% 不可
Apple Macintosh - 1.49% 不可
Linux - 0.51% 不可
その他 - 0.70% 不可
※シェア数字は平成15年9月現在のインターネットアクセスユーザー機種別シェア
※オランダOneStat.com調査のデータなどから作成
※非IEのWindowsユーザーはIEを併用すればデータバインドが利用できますから、実質97.3%のユーザーが動作可能な環境を保持しており当Webサイトが利用可能です。