Q & A 

瀞峡の筏が繋ぐ和歌山県飛地「北山村」、「新宮市飛地」

 明治4年(1871)の廃藩置県により和歌山県、田辺県、新宮県が成立するが、その後紀伊は熊野川を境に和歌山県、度会県に分割され、明治9年(1876)度会県は三重県に吸収される。
 明治13年(1880)牟婁郡の和歌山県側は東・西、三重県側は南・北の4郡に分割される。
 政府が北牟婁地域のみを度会県に編入すべきだったが北山川を紀和国界と勘違いしたところから、東牟婁郡に北山村と熊野川町(現・新宮市飛地)の和歌山県飛地が発生する。 両地域とも熊野杉の産地で河口の新宮に筏で輸送するなど和歌山県との結び付きが強く、奈良県への編入は要請せずに現在に至っている。


戻る