Q & A

Q41.神代文字は存在したか?                                     戻 る

A41.「宮下文書」、「上記」、「竹内文書」、「秀真伝」などの古史古伝書が神代文字で書かれていることから、漢字渡来以前に使われていたという妄説が存在する。
 偽書と言われる「先代旧事本紀」でさえ平安時代の「日本紀私記」に引用されているが、これらの古史古伝書写本の存在が確認できるのは、平田篤胤が「神字日文伝」を著わした国学興隆時代以降である。
 共通点として五母音系の神代文字を使用して書かれている点が「先代旧事本紀」よりも価値の低い偽書たる所以で、万葉集にしても八母音系の万葉仮名が使われているのである。
 多くの神代文字を見るとハングル文字(朝鮮)、タガラ文字(フィリピン)、カローシュティ文字をはじめとするインド系諸文字に似ており、鎖国以前の朱印船渡航時代にアジア各地から渡来した文物を基に復古神道思想に感化された古社の神官などが神代文字を偽作したもの思われる。
 漢字渡来は応神天皇16年(5世紀初頭と推定)とされるが、近年出土した石上神宮七支刀に書かれている漢字からは4世紀末と推定される。
 また我が国の漢語は特殊な仏典、漢籍を除き漢音より呉音が多く、ごく一部の階層では3世紀(三国時代)から漢字が使用されていたものと思われる。
 記紀編纂の原資料となった帝紀や旧辞も当然漢字で記録されていたのだが、神武天皇即位を漢字も出現していない中国の東周時代の紀元前660年に遡らせる為に代々口伝により語部が伝えたと偽ったのが真相である。
 
       苗字に残る八母音表記
 
 上代文字言語の研究 万葉集訓法の研究


Q42.闕史八代の天皇は架空か?                                   戻 る

A42.記紀の綏靖紀から開化紀までの八代天皇の事蹟が極端に少ないことから、紀年延長のために創作されたのだと言う曲学阿世の歴史学者の説が戦後長期間にわたって日本国民を洗脳している。
 紀年延長の目的だけなら八代などと遠慮せずに五十代以上の架空天皇を創作した方が無理が無いのである。
 しかし、後裔の無い天皇乱造を避け同時代に実在した天皇系譜の人物を縦に並べると同時に古代天皇の在位年数と崩年にゲタを履かせて極端な紀年延長を行い、神武天皇即位年の紀元前660年に辻褄を合わせたのである。
 例えば、紀年延長後の応神天皇の在位(270−310年)と百済辰斯王(実は即位385年)が応神天皇3年に即位の記事に誤差が有るように、過去に遡るほど対外関係の紀年差が拡大する矛盾が露呈する。
 神武紀に新羅関係の記事が有るはずだが、紀年延長により神武即位を新羅も存在しない紀元前660年にした為、対外記事を削除せざるを得なくなったのである。(神武皇兄の稲氷命が新羅王始祖説あり)
 この事実を覆い隠すために日本書記編纂中の持統天皇五年(691)に皇別の雀部氏(神武天皇裔)、春日氏(孝昭天皇裔)、阿部氏、膳部氏、羽田氏、巨勢氏、石川氏、平群氏、紀氏(以上孝元天皇裔)、上毛野氏(崇神天皇裔)と、有力氏族の石上氏、大三輪氏、大伴氏、佐伯氏、穂積氏、采女氏、安曇氏、藤原氏の十八氏に提出させた纂記を焼却して証拠隠滅を謀ったものと思われる。 ※詳細は初期天皇系譜仮説を参照。
 後世、多くの家系は残存記録を元に系譜を復元した様だが、上古の系譜は不鮮明な家系が多いのである。
 古事記上つ巻に「御毛沼の命は、波の穂を跳みて、常世の国に渡りまし」とあるが、これは神武天皇の皇兄が燕へ派遣された事蹟であり、五胡十六国時代の前燕(307-370)ではないかと思われる。 (常世は燕の別称)
 同じく「稲氷の命は、妣の国と為して、海原に入りましき」とあるが、これは新羅建国(356)で新羅王となった事蹟を暗示しており、神武天皇即位は西暦361年(辛酉年)と逆算され、崇神天皇の任那建国(369)も推定される。
 従って闕史八代天皇は綏靖天皇と孝安天皇を除けば後裔氏族が存在することから、実在は確実であるが即位が無かった可能性が高く、日本書紀編纂に併せて皇位を追贈されたものと推定される。
 我が国の漢語は特殊な仏典、漢籍を除き漢音より呉音が多く、竹田昌暉氏の「呉族渡来説」も捨てがたい。
 何故ならばフランスの学者ラクペリー提唱の漢民族バビロニア起源説があり、シュメール起源と思われる皇姓は現在でも中国と日本に存在して、三国時代の呉の皇象は能書家として有名である。
 西暦280年呉滅亡後南九州へ大挙渡来(いわゆる天孫降臨)して皇別の先祖となった仮説も成立する。
 また台湾に伝わる伝承では「天照大神は徐福に連れられて琉球に渡った秦の始皇帝の三女である」というにわかには信じられないが、我が国の先祖の遡源が半島だけでなく大陸にあることを窺わせる。
   ※詳細は
邪馬台国とは  日本上古史仮説  仮説「神代紀概要」  東アジアの四−五世紀年表を参照。
 
 古代日本の領土―領土画定と記紀解読の実証的研究 (1975年)
       「神武」は呉からやって来た―刀と鏡が明かす日本建国の真実
       一三〇〇年間解かれなかった「日本書紀」の謎


Q43.なぜ大和はヤマトと読むのか?                                  戻 る

A43.大和という地名はダイワと読むのが順当だが、ヤマトと読む方が圧倒的に多いのが現実である。
 狭義には現在の奈良県地域で、広義には古代大和朝廷の支配圏域を総称している。
 現代日本人の多くは平野部の大都市に居住しているので普段意識しないが、国土の約73%は山地なのである。
 航空機で全国を移動したり、各地の山岳に登山した人ならば、山々が重畳織り為す日本列島を実感する。
 青森県の八甲田山から山口県の最高峰寂地山まで平野部に降りずに踏破可能なことが象徴する如く、県境は峰々と峠により形成されている山国で、特に奈良県地域は上古に都(京)が置かれまさにヤマト(山都)なのである。
 日本武尊の古歌「倭は国のまほろば、たたなづく青垣、山隠れる倭し美し」が端的に表わしている。
 後漢および三国時代の中国が当時の日本を倭と呼称したので、倭の漢字を当てヤマトと訓ませたのである。
 椎根津彦の後裔が倭国造(のち大倭国造)となるが、天平9年(737)には大養徳に改称、翌年には大倭に復旧、国名の好字化の流れを受けて天平宝字元年(757)に倭が和に通じるということで大和に改称したのである。
 大和をヤマトと呼ばせるように諸国の国名も好字化の影響を帯びている。
 類例:近淡海→近江、遠淡海→遠江、珠流河→駿河、兂邪志→武藏、上毛野→上野、下毛野→下野、
     針間→播磨、三野→美濃など。
  


Q44.なぜ百済はクダラと読むのか?                                  戻 る

A44.百済の起源は伯済であり、ヒャクサイと読むべきで現代朝鮮語ではペクチェと発音される。
 近江国愛知郡百済寺村(現:滋賀県愛知郡愛東町百済寺)は、ヒャクサイジムラと読まれることからも明確である。
 他に周防国熊毛郡平生曽根村百済部は、クナタベという特殊読みをする。
 現代日本で百済は苗字にも地名にも存在して一般的にはクダラと読まれるが、それは日本発祥の地名久多良木に由来するからである。
 肥後国葦北郡久多良木(現:熊本県八代郡坂本村久多良木)は、上古の火葦北国の本拠地と推定される。
 村内には百済来地蔵堂があり、大伴金村が百済に派遣した達率日羅(葦北国造阿利斯登の子)が送ったとものとされる地蔵菩薩が安置されている。 葦北国造は孝霊天皇の孫三井根子命に始まる皇別の氏族である。
 日羅は百済王に重用されたが、敏達天皇は日羅を召喚して任那回復策を上奏させたが百済使に謀殺されている。
 その後、百済日羅の妻子らは河内の百済帰化族居住地の石川百済村の移住したとの記録がある。
 地名や姓氏に良くある掛詞的な「春日(ハルヒ)のかすが(霞掛)」、「飛鳥(飛ぶ鳥)の明日香」、「日下(日の下)の草香」、「長谷(ながたに)の初瀬(はつせ→はせ)」の様に、後世は「久多良木の百済」がクダラと慣用読みが定着したのである。
           ※参考系図:姓氏類別大観「葦北国造
  
 枕詞と古代地名―やまとことばの源流を辿る 地名・人名・枕詞の意味 (1985年)


Q45.日本で一番長い苗字について                                  戻 る

A45.現在、実在が確認されている漢字の字数は五字で左衛門三郎(サエモンサブロウ)と勘解由小路(カデノコウジ)の2件のみである。
 勘解由小路は、藤原氏日野家流に属する旧堂上家である。
 旧幕時代、堂上家の正親町三条も五字姓であったが、明治に至り嵯峨に改称している。
 難読姓氏辞典など珍名を紹介した書籍に釈迦牟尼仏(ミクルベ)と言う苗字が掲載されているが、中興武家系図にある本貫が丹波の釈迦牟尼仏氏で、相模国足柄上郡三廻部(ミクルベ)村より興り三廻部を称し、丹波に移った一族が称した様である。
 三廻部村(現:神奈川県秦野市三廻部)に釈迦堂があり、釈迦牟尼仏の廻りを三回めぐるのが信仰の習わしで村名が起こったと言われ、現在、三廻部氏は小田原市など神奈川県西部に分布する。
 ほかに十二月一日(シワスダ)、十二月晦日(ヒズメ)、八月一日宮(ホズノミヤ)などの五字の苗字が有ると紹介している書籍があるが、歴史的に存在したが改称したものか通称名の類と思われる。
 お隣の中国では一字姓がほとんどで諸葛や欧陽などの二字姓も多少あるが、漢族以外では満州族などに三字姓、四字姓があり、五字姓では清朝満州族八大姓の一つである依爾根覚羅という姓が存在する。

  


Q46.一字の苗字(姓)について                                     戻 る
A46.中国・朝鮮の姓は一字姓が中心で二字姓もあるが、三字姓以上が中国に例外的に存在する。
一字姓の三国比較
順位 日本 韓国 中国
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 西

 奈良時代後半から平安時代初期にかけて地名二字化を推進したことから、地名由来による日本の苗字は二字姓が多いのである。
 日本は二字姓が中心で一字姓が少ないが、それでも一字姓が1300種以上存在して、朝鮮の一字姓(約300種)を凌駕する。
 日韓中の一字姓ベスト10にいずれもランクされているのが林姓である。
 現代日本の一字苗字(姓)は、
 (1)古来よりある一字姓(地形、地名、方角などの由来が多い)
 (2)近世以前に帰化した人々で一字姓を改氏無きもの
 (3)特殊事情によるもの(明治3年奄美諸島は一字姓に改氏強制)
 (4)近代以降に帰化した人々で一字姓を改氏無きもの(例:ソフトバンクの孫氏)
 (5)近代以降に帰化した人々で一字姓を創氏したもの(例:元横綱の曙氏)
 (6)在日の中国・韓国・朝鮮姓(日本名の通称を持つケースが多い)
などに大別される。

 支那の姓氏と家族制度 (1944年) 朝鮮の契・朝鮮の姓の由来

Q47.なぜ多くの家系が江戸時代初期までしか遡れないのか                  戻 る

A47.日本の系図集で本格的なものとして残存している最古のものは室町時代初期に編纂された「尊卑分脈」であり、ごく一部は神代から多くは奈良時代から室町時代まで収載人数は約四万人に及んでいる。
 しかし、室町時代末以降の「尊卑分脈」写本の書き継ぎによる増補は、ほとんど停止状態なのである。
 江戸時代に入ると幕府編纂の「寛永諸家系図伝」、「寛政重修諸家譜」などのほか各藩による多くの系譜集の編纂が行われ、江戸時代以降の上流家系ともいうべき士族階層の系譜は明確になってくる。
 この事情からごく一部の名家でも無い限り、士族階層にしても戦国時代が系図の空白期になっている。
 江戸時代中期には職業系図屋も多くなり、各地の旧家などの階層からも依頼されて菩提寺の過去帳などから四代程度遡れる江戸時代初期からの系図を多く作成している。
 少しでも家系を古くしたいのは人情で、その辺を心得た系図屋の中には当時巷間に流布されていた大系図(尊卑分脈の抄本)の適当な人物に家系を繋いだのである。
 したがって余程の名家でも無い限り、真正な系図を戦国時代以前に遡ることは困難なのである。

 日本中世史料学の課題―系図・偽文書・文書

Q48.なぜ多くの家系が源平藤橘などにつながらないのか                   戻 る

A48.はっきり言うと家系のほとんど(99%以上)が出自不詳であり、公刊の系図集やネットで出自が判明するのはごく一部の家系であることは事実である。 従って3.5%強の武士階級の末裔にしても出自不詳が多いのである。
 大化の改新(646年)により部民制が廃止されて公地公民制が敷かれ、従来の貴族、平民、伴部、賤民の四階級の伴部が平民に吸収され貴族(小錦以上いわゆる後の五位以上)、平民、賤民の三階級に再編されるが、姓(カバネ)を持つ貴族は位田、職田、位封、職封、蔭位などの恩典があり平民と比べて引き続き特権的地位を保ち続ける。
 律令の趣旨とはうらはらに律令国家成立当時に公地などほとんどなく、部民の耕作地を公地にしたり生産設備を国有化する為に部民を解放したのが真相であり、関係のない賤民の地位はその後も据え置かれる。
 平安時代中期に至っても源平藤橘などを称する貴族の人口は少なく、縁戚、勲功などにより貴族に昇進するものも居ないわけでは無いが例外的存在で、仮冒などを除き平民に源平藤橘などの貴族の末裔は少ないのが事実である。
 平安時代末期は荘園の爆発的膨張で支配層は貴族から武家に移り公地公民制は崩壊するが、荘園内の被支配層は平民とは言うものの上古の部民の末裔が主流であり、後の戦国乱世に下剋上で上昇するものも出現する。
 現代でも多くの人々が「祖先はどうせ百姓だろう」と思うのは庶民の直感であり正しくは部民の末裔である場合が多く、百八十部と総称されるほど多くの部があり以下の四種に大別される。
 
(1)皇族の私有民である御名代部、御子代部……雀部、八田部、丹比部、刑部、日下部、真髪部、春日部、額田部、財部、軽部、私部、乳部、田部など。
(2)朝廷に技術、職務により奉仕する品部……海部、磯部、膳部、山部、鳥取部、犬養部、坂合部、長部、日置部、杖部、丈部、土師部、麻部、委文部、玉作部、鏡作部、弓削部、矢作部、武部、建部、佐伯部、久米部、神部など。
(3)豪族の私有民である部曲(カキベ)……蘇我部、平群部、大伴部、和邇部、賀茂部など。
(4)帰化人などを組織した部……百済部、漢部、綾部、狛部、陶部、服部、錦織部、赤染部など。
 
 部民制 (1982年)


Q49.同苗異流は、なぜ生じたのか?                              戻 る

A49.苗字の多くは地名由来だが、地形が似ていることから同一地名があり当然異流氏族が存在する。
 また氏族集団の移動により移住先にも地名の遷移が起こるが、異なった氏族が同じ場所に共存して新来氏族と旧族と姻戚関係を結ぶなどから同苗異流が生じる場合がまことに多いのである。。
 天下の大姓は源平藤橘を始め多くの異流が存在するが、代表的な事例として下野足利氏と武藏畠山氏を掲げる。
 藤原秀郷の裔成行が足利に住み足利氏を称していたが、藤姓足利氏と姻戚関係にある源義康も足利を称して保元の乱の功により昇殿を許され、末裔の尊氏が室町幕府の征夷大将軍となる。
 鎌倉幕府の有力御家人である畠山重忠・重保の親子は謀反の疑いで滅ぼされるが、畠山重忠の妻は後に足利義兼の六男義純に再嫁し、義純は重忠の旧領と遺跡を継ぎ畠山を称して子孫は足利一門の守護大名として栄える。
 


Q50.苗字ランキングの限界について                              戻 る

A50.最近の苗字関係サイトで公開されている苗字ランキングは、昭和の労作「佐久間ランキング」と比較して指摘されることだが1位の「佐藤」と2位の「鈴木」の順位逆転を始めかなりの順位変動が見られることである。
 「佐久間ランキング」が基礎資料としたのが都道府県教職員名簿小中学校の部(約35万人)、最近の苗字サイトの多くがNTT電話帳(約3000万件)でありサンプリング数に2桁もの開きが存在する。
 「佐久間ランキング」は、やや東日本に偏ったサンプルなので東日本に多い鈴木(1位→2位)、九州に多い松尾(226位→96位)、古賀(667位→207位)、緒方(744位→376位)などの順位変動が顕著に見られる。

 電話帳には芸名、筆名などでの記載もあり、三遊亭などの芸名であることが明確なものは除くことが常識であるが、花柳、藤間、林家などはかなりの芸名の表記が混じっているが実名も多く分離は困難である。
 最近では携帯電話の普及により固定電話加入率が低下、電話帳への掲載秘匿などの事情から、少数姓、希少姓において電話帳上では消滅や大幅減少の例が見られる。
 また多くのランキング推計はCD−ROMベースの電話帳データを利用している事情から、A社のデータでは0件だがB社のデータでは35件もある苗字が存在するので注意を要する。
 JIS第一水準、第二水準以外の漢字が使用されている苗字は、ひらがな表記や別字表記されていることもあり本サイトではランキングを外して「検索不能」に掲載している。
 7000位程度までの順位精度は比較的高いが、10000位以上は参考程度に留意するべきと考える。
 

 日本人の姓 (1972年) 日本の名字―五千傑と姓の考現学 (1968年)

ホームに戻る