Q & A 

中村地名と中村氏
 中村は、推定人口約105万を越す第八位にランクされる天下の大姓である。
 古くは天児屋根命の後裔中臣氏族に属する中村連があり、新撰姓氏録左京神別に記載されている古名族である。
 古代より中心村落が中村郷と呼ばれ、荘園時代には庄の中心が中村と呼ばれ全国的に非常に多い地名である。
 歴史的に主要な中村地名が約200カ所を越え、各々の中村地名から中村氏が発祥しているわけで、源平藤橘の出自を持つ中村氏はもちろんのこと多くの出自不詳の中村氏まで異流中村氏が多く存在する。
 近江国甲賀郡杣庄の豪族から大名(泉州岸和田→近江水口→駿河国府→伯耆米子)になった中村氏は橘姓渋江氏を称しているが、出自が正しいと仮定すれば肥前国藤津郡中村発祥の橘公業の後裔中村氏と同族である。
 鎌倉時代から戦国時代末期にかけて武士の全国的移動が激しかったことを物語る。

                     中村地名一覧

発祥地(地名)

荘園地名および郷名

出      自


戻る