Q & A 

初期天皇系譜仮説

日本書紀の崇神紀によれば、崇神天皇10年9月に諸国平定教化のために北陸・東海・西道・丹波に4人の将軍を派遣したとあるが、現代の歴史学者は後世の創作物語との妄説を流布させている。
 日本書紀は同時代に実在した天皇系譜の人物を縦に並べて紀年延長を行ったから、従来の神武天皇−開化天皇間の直系相続系譜では吉備津彦命ら四将軍の世代差が四世代と四道将軍派遣が非現実的になるのである。
 この事実を看破して神八井耳命から開化天皇まで改変前の系譜を推測して復元すると二世代に収まり、畿内を平定した神武天皇の次世代(崇神天皇)が四道将軍を派遣する流れが極めて現実的に認識されるのである。
 孝霊天皇皇子と崇神天皇四世孫に同名の彦狭島命が存在するが、おそらくのちに八綱田命の養子になったものと推測され孝霊天皇と崇神天皇が同時代の人物であることをうかがわせる。
 また二代綏靖天皇、三代安寧天皇、四代懿徳天皇の三代がいずれも事代主命系の母を持ち、崇神紀では神託の形を取り大田田根子命が天日方奇日方命の子であることを暗示している。
 景行天皇−仁徳天皇間も紀年引き延ばしのために日本武尊や仲哀天皇を直系に組み込み、景行天皇−仁徳天皇の6代に仕えた武内宿禰は330歳という長寿に改竄している。
 世代的に無理のある従来系譜の先入観を取り払えば、改変前の系譜の実態はは下記系譜のようになる。
 大国主命の国譲神話は史実であり政略的な婚姻を通じて大国主命の子孫にはいくつかの国造の地位を与えて、諸豪族の推戴する緩やかな連合政権を樹立する我が国の政治風土が上古より続いていることがうかがわれる。
 従って崇神天皇以降の天皇系譜も後世の幾たびかの政変時の系譜改変が推測され、実在したが皇位追贈の天皇も少なからず存在したものと思われる。
 持統天皇五年(691)に大和中央政権に栄えた有力十八氏の纂記を提出させたとあるが、その後これらの上古時代の氏族系譜の多くが見あたらないことが証拠隠滅の状況証拠と考えられる。
  

【仮説天皇系譜】
 
【母系から再構成した初期系譜】


【中臣氏/物部氏/大伴氏/蘇我氏歴代との世代比定】 下表の
青字は天皇歴代と対応が確認が出来ている。
 
  
神武天皇−崇神天皇間の直系相続は無理で、仁徳天皇以降と同様に兄弟相続があったものと推測される。
 

天皇家歴代

中臣氏歴代

物部氏歴代

大伴氏歴代

蘇我氏歴代

 1神武天皇 天児屋根命 饒速日命 道臣命  
     宇麻志麻治命 味日命  
10崇神天皇  天押雲命  彦湯支命 稚日臣命  
    大矢口宿禰 大日命  
11垂仁天皇 天種子命 大綜杵 角日命 彦太忍信命
  宇佐津臣命 伊香色雄命 豊日命  
12景行天皇 大御気津臣命 物部十市根 大伴武日 屋主忍男武雄心命
13成務天皇 14仲哀天皇 伊香津臣命 物部胆咋 大伴武持  
神功皇后 梨津臣命     武内宿禰
15応神天皇 神聞勝命 物部物部五十琴 大伴佐彦 蘇我石川
16仁徳天皇 17履中天皇 18反正天皇 久志宇賀主命 物部伊莒弗 大伴山前 蘇我満智
19允恭天皇 20安康天皇 21雄略天皇 国摩大鹿島命 物部目 大伴室屋 蘇我韓子
22清寧天皇 23顕宗天皇 巨狭山命 物部荒山 大伴談 蘇我高麗
24仁賢天皇 25武烈天皇 26継体天皇
27安閑天皇 28宣化天皇 29欽明天皇
雷大臣命 物部尾興 大伴金村 蘇我稲目
30敏達天皇 31用明天皇 大小橋命 物部守屋 大伴阿被比古 蘇我馬子


戻る