Q & A 

加賀美氏の全ては加賀美遠光の裔か

 甲斐国巨摩郡加賀美邑は加賀美遠光が居住していた地だが、現代でも発祥地の南アルプス市若草町加賀美(旧:中巨摩郡若草町加賀美)周辺に多くさらに東方の県都甲府市へ人口集中を見せている。
 現代の加賀美氏は約3,900人で、加賀美遠光は平安時代末から鎌倉時代初期の人とされる。
 鎌倉初期から現代への推定人口増殖率からは多くても約200人であり、全ての加賀美氏が清和源氏義光流武田氏族加賀美遠光の後裔と考えるのは幻想である。
 中興武家諸系図に 「各務、清和、武田清光男次郎遠光称之、同次男長清称之」と載せ、美濃国各務郡各務郷の大族各務勝一族が甲斐国巨摩郡に移住して各務なる地名を生じ、後に加賀美に転訛したことを裏付ける。
 加賀美邑の近くには鏡中条の地名があり、各務氏は上古の鏡作部の後裔であることをうかがわせる。
 カガミ(鏡、鏡味、各務、加賀見、加々美、加々見、香美、香々美、香々見など)の地名や苗字は、漢字に囚われずに調査することにより真実に一歩近づくものと考える。
 従って多くの加賀美氏は加賀美遠光の後裔でなく、古代からの各務氏の後裔と見るべきである。
 遠光が武田氏から出て加賀美を称したので影響は大きく、加賀美氏全族が源氏を称して信濃国諏訪郡の加賀美氏も三階菱を家紋としている。
 
鏡作部は鏡を製造する品部で、神代紀に「鏡作部遠祖天糠戸者造鏡」、一書に「鏡作遠祖天祓戸兒石凝戸辺」。
 和名抄には大和国城下郡に鏡作郷(註:加賀美都久利)、神名帳に鏡作伊多神社、鏡作麻気神社、鏡作坐天照御魂神社などの記載がある。
 鏡作連の祖神として、古事記は伊斯許理度売命(豊石窓神)、古語拾遺は石凝姥命とするが、天孫降臨に随従した重臣の一人である。
 和歌山県和歌山市秋月に鎮座する日前国懸神宮の祭神は、石凝姥命(伊斯許理度売命)が鋳造した日像鏡(日前大神)と日矛(国懸大神)で、天道根命以来の紀国造家により奉祭されている。


戻る