Q & A 

仮説「神代紀概要」

 神代とは「古事記」の伊邪那岐尊迄の神世七代と天照大日霊尊(天照大神)から鵜草葺不合尊 迄の五代を合わせた十二代である。
 撰録者太安万侶は、奈良期の音韻表字法則(甲乙二類)も摘要不可の迷彩工作と音韻融通法を縦横に駆使した神話的表現方式により、古今の解読者を半島と列島の諸国家抗争史から目をそらさせ神話世界に埋没させている。
 神代以前も複数の小国家群が存在したが、無文字社会の為に考古学的事物や地名にのみ痕跡は残存する。
 記紀は紀年延長と系譜変造を行った為、中国史書との整合性が取れないので紀年再構成が焦点となる。
 キーポイントとなる年は、日食(247年・248年)、百済建国(346年)、前燕帝国成立(352年)、新羅建国(356年)、神武即位(361年)、任那建国(369年)、百済辰斯王即位(385年)で、史実との連立方程式から解が得られる。
 偶然かも知れないが、天照大神と卑弥呼、素戔鳥尊と卑弥弓呼が年代的に近接するのである。
 しかし魏志倭人伝の卑弥呼に日食を暗示する記述が見当たらないことは謎である。
 また崇神紀では神託の形を取り大田田根子命が天日方奇日方命の子であることを暗示している。
 即ち崇神天皇は神日本磐余彦尊(神武天皇)の子であることをほのめかしており、闕史八代天皇は「古事記」編纂時に追贈の形で実在人物を八代挿入したのが真相であり、加えて弁韓王御間城入彦尊(崇神天皇)が敗北して任那建国を承認して列島へ退去した事実を和風諡号が暗示している。
 紀年再構成を行えば、高天原は決して神話上の天上界ではなく、1世紀頃から朝鮮半島南半の三韓(馬韓・弁韓・辰韓)連合帝国の皇帝天御中主尊(馬韓王)に始まる王家が君臨する帝国なのである。
 三韓統一後は列島の山陰から北陸までの葦原中津国の建国植民地化により天御中主尊の諡号が贈られる。
 二代豊国主命は穴門豊浦に上陸し、九州北半部を併せて豊国を建国植民地化により同様に諡号が贈られる。
 以降、豊国は次第に九州全域、壱岐、対馬を併合して葦原中津国と拮抗する大勢力に発展する。
 七代の豊国王伊邪那岐尊と葦原中津国王伊邪那美尊は連合して豊葦原国を形成して、四国全域も版図とする。
 伊邪那美尊没後に帝国は分裂して、やがて豊国系天照大神と葦原系素戔鳥尊の抗争時代に突入する。
 素戔鳥尊に敗北後は豊葦原国を譲渡するが、程なく没して豊葦原国は宗主国の支配に抵抗する存在となる。
 宗主国の馬韓国(高天原)は天照大神の孫瓊瓊杵尊を南九州の笠沙岬に上陸させて韓国岳を経て高千穂峰より降臨して豊葦原国の支配の弱い日向に奪回の橋頭堡を築くのである。
 敵対する豊葦原国の他にも近畿を本拠とする大倭連合王国や東北・北海道地域の磐見国(蝦夷国)が存在する。
 瓊瓊杵尊の曾孫神日本磐余彦尊の代になり、東征して豊葦原国・大倭連合王国を破り統一新国家を建国する。
 皇兄御毛沼命は前燕へ派遣、稲氷命は新羅王となったことが「古事記」からうかがえる。

 
 

推定
中心年

 

事   績

中国の史書による列島史

初代 10 天御中主尊 葦原中津国建国  
2代 40 豊国主尊 豊国建国 57 倭奴国、奉貢朝賀。(後漢書)
3代

70

角樴尊    
4代 100 埿土煮尊   107 倭国王師升等献生口百六十人、願請見。(後漢書)
5代 130 大苫彦尊    
6代  160 青橿城根尊

 

 
7代 190 伊邪那岐尊 158(07月13日)  日食
豊国・葦原国の連合
? 桓・霊間、倭国大乱、更相攻伐、暦年無主。(後漢書)
8代 220 天照大日霊尊
(天照大神)

 

247(10月02日) 日食
 
248(09月05日) 日食

239 倭女王遣大夫難升米等詣郡、求詣天子朝献、太守劉夏遣吏、将送詣京都。(魏書)
240 太守弓遵遣建中校尉梯儁、奉詔書印綬、詣倭国、拝假倭王、扞齎詔、賜金帛・錦罽・刀・鏡・采物。(魏書)
243 倭王復遣使大夫伊聲耆・掖邪狗等八人、上献生口・倭錦・絳青縑・緜衣・丹・木■・短弓矢。(魏書)
245 詔賜倭難升米黄幢、付郡假授。(魏書)
247 太守王頎到官。倭女王卑弥呼與狗奴国卑弥弓呼素不和、遣倭載斯烏越等詣郡、説相攻撃状。(魏書)
248? 卑弥呼以死。大作塚、径百余歩、殉葬者奴婢百余人。更立男王、国中不服、更相誅殺、当時殺千余人。復立卑弥呼宗女壹與年十三為王、国中遂定。(魏書)
266 一倭の女王(壹與か?)、西晋に朝貢。
9代 250 天忍穂耳尊  
10代 280 瓊瓊杵尊 高千穂峰降臨  
11代 310 彦火火出見尊    
12代

340

鵜草葺不合尊    
13代

370

神武天皇 神武東征 ※記紀は綏靖〜開化の8代天皇を挿入、拾遺は記載無し
    崇神天皇 道将軍派遣  
    垂仁天皇 天日槍命来朝  
    景行天皇 熊襲征伐 卑弥呼後裔の厚鹿文、迮鹿文が日本書紀、松野連系譜双方に記載 

 古事記は神話ではない  古事記は神話ではない〈続〉 (1970年)  古事記は神話ではない 続々 (3)  
       古事記は神話ではない〈完結編〉 (1972年)

戻る