Q & A

稲葉系図の例
 稲葉氏は孝霊天皇を遠祖とする越智氏の末流で、塩塵は安国寺において出家したが、後に還俗して稲葉氏を称して美濃の土岐家に仕える。
 塩塵の娘は斎藤利三に嫁し、利三の娘も稲葉正成に嫁すことで斎藤氏とは強力な縁戚関係になる。
 春日局の父斎藤利三は始め稲葉一鉄に仕え、後に明智光秀に仕え筆頭家老となるが本能寺の変後、秀吉に破れ磔せらる。 後に稲葉正成と離縁して徳川家光の乳母に出世した春日局の縁で稲葉一族が顕貴に列せられる。
 一度は謀反人として没落した斎藤氏も同様に、徳川旗本や諸侯陪臣への仕官が実現されている。
 斎藤氏の分家も女系で始まる家が見られ、系図上の女姓記載率が極めて高いのである。
 女系により家運が栄えた稲葉氏は、稲葉系図に女系の美濃斎藤氏を包含した女系系図を作成している。

※以上の略系図は系図綜覧の「稲葉系図」から作成したもので、詳細は同書を参照のこと。
 系図綜覧 (1964年)

戻る