Q & A 

岡山藩主池田家の例
 岡山藩主池田家の出自は、公式(寛政重修諸家譜などに拠る)には清和源氏頼光流とされている。
 本来は大碓命の後裔が美濃国池田郡池田郷に栄えて池田首を称したことが起源で、末裔と思われる池田領主紀維将の女と紀淑望との子維実が土着して子孫は池田郡司となり、以降系譜は奉政が清和源氏から猶子、教正が楠木氏から養子となる。 江戸時代末期は島津家、徳川家などから養子が嗣ぐが、章政の代で血系は元にもどる。
 現代の池田家の血系は教正以来継続しているものと思われるので厳密には橘氏と言えるが、橘姓楠木氏も男系(血系)を遡れば越智姓、更に遡れば紀姓と同族に収斂するのである。
 広義には養子も含めて孝元天皇を祖とする皇別に属する氏族なのである。


戻る