姓氏類別大観 

【豊臣氏】
 織田氏の足軽木下弥衛門を父として尾張中村に生まれた秀吉は織田信長に才能を認められて出世する。
 本能寺の変後に、織田家臣団を掌握して明智光秀を討ち、徳川家康を臣従させ天下統一を成就する。
 天正14年、近衛家の養子となり従一位関白の任官と豊臣朝臣を賜わり名実ともに天下人となる。
 秀吉没後は諸大名不和の中で家康が台頭して、関ヶ原の西軍敗北で秀頼は摂河泉60万石におとされる。
 元和元年(1615)大坂落城で豊臣氏は滅亡するが、異説では秀頼一行は薩摩亡命を果したとの事である。
 豊臣姓大名家としては、杉原系木下氏(2家)が明治に至る。

※秀吉の出自は、浅井氏・赤尾氏などと同じく藤原氏正親町三条家の流れと伝えられるが信憑性は低い。
高祖父国吉からの通字が吉であることに着目すれば、橘姓の可能性もうかがわれる。
母方の大政所は美濃の刀鍛冶関兼員の娘で、祖先を遡れば漢帰化族の阿智王随従七姓の皀姓佐波多村主(大和宇陀郡)後裔
佐波多氏と伝える。
【豊臣氏】【木下氏】【谷村氏】
 豊臣氏存続―豊臣家定とその一族

《羽柴氏/木場氏》                  豊臣氏トップへ戻る

【木下氏】【橋本氏】【羽柴氏】【木場氏】【谷村氏】【天草氏】

戻る