姓氏類別大観 

 
【香山氏】
 百済達率荊員常の後裔にして、神亀元年(724)荊軌武に香山連を賜姓される。
 承和2年(835)後裔の清貞、清宗に香山宿禰を改賜姓される。
 おそらく大和国十市郡香山(香具山、香久山)の地名を負ったものと思われる。

【香山氏】

戻る