姓氏類別大観 

【下氏/春滝氏/高安氏】
 光武帝の後裔慎近王の後裔にして、養老4年(720)河内国若江郡の広麻呂に下村主を賜姓、承和3年(836)下村主氏成、三使等に春滝宿禰を改賜姓。
 
汙加理の系は雄略朝に史戸として、天平神護2年(766)後裔の河内国高安郡の東人に高安造を改賜姓、延暦18年(799)孫の真笠を高安連に改賜姓、高安氏の後裔は惟致以降と思われるが母系の紀姓を称し滝川氏も称する。

【下氏】【春滝氏】【朝原氏】【史氏】【高安氏】【内蔵氏】【高安氏】【滝川氏】

《石村氏》               下氏/春滝氏/高安氏トップへ戻る

【石村氏】【坂上氏】【軍茶利氏】【岩村氏】【杉本氏】【軍多利氏】【荷田氏】
※荷田氏は雄略天皇皇子磐城王裔とされているが、本系図の磐城村主裔説も有力。

戻る