姓氏類別大観 

【昔 氏】
 次々雄に始まる新羅王の家系。
 「天勾践を空しうすること莫れ、時に范蠡の無きにしも非ず」で有名な児島高徳は、天日槍命を遠祖とする田道間守の後裔と称する。
 高祖神社に崇敬の厚かった恰土県主五十迹手も、天日槍命の裔。
 承和7年(840)勅により田道間守裔の橘戸、蝮橘、橘連、伴橘連、橘守、橘の六姓は、仁明天皇の生母檀林皇后(橘嘉智子)の本姓橘字を避け椿字に改称することとなる。

【昔氏】【近義氏】【山田氏】

《田道間守裔》                     昔 氏トップへ戻る

【三宅氏】【蝮橘氏】【橘戸氏】【橘守氏】【橘氏】【椿戸氏】
※椿戸氏の後裔は【椿氏】を称す。

戻る