姓氏類別大観 

【金 氏】
 持統4年(695)、新羅王家後裔の許満等12人が京より武蔵国に下向居住するに始まる。
 天平5年(733)、徳師の代にさらに新羅人男女53人が武蔵国埼玉郡に居住、子の知仙は陸奥国美原郡伊治城に遷る。
 後裔の為時は気仙郡司となり、子孫は奥羽に栄え今野、紺野、金野、昆、金成などの苗字を派生させる。
 安倍正統支族系譜によれば気仙郡司金為時は安倍倉橋麿の裔と称するが、世に知られる多くの安倍系図に金麻呂から為時の父為尚迄が見当たらないことから仮冒説が大勢を占めている。
 また気仙郡司金為時に至る系図は他にも多く、安倍氏説の他に奥州藤原氏説、清和源氏義光流説など様々な異説と親子、兄弟が異なる系図があり真相は不明となっている。 

 
《金氏祖系》 〔新羅王家〕

【金氏】【朴氏】【昔氏】【宇奴氏】

《金官王家(金 氏)》                   金 氏祖系へ戻る

【金氏】【荒々氏】【道田氏】【多々良氏】【大内氏】【楊井氏】【大伴氏】【豊津氏】
※周防大内氏の出自は、百済聖明王の第三王子琳聖太子の後裔が一般的な説だが、新撰姓氏録多々良公条は任那帰化族と記載する。 本系図の金官王家の支流とするのが妥当かと考える。

《金 氏》                        金 氏祖系へ戻る

【金氏】【松川氏】【安江氏】【気仙氏】【岩井氏】【山目氏】【泉氏】【昆氏】

戻る