姓氏類別大観 

【藤原式家】
 式家宇合に始まる。次男良継の女乙牟漏は桓武天皇の皇后となり平城、嵯峨の二天皇を生み、六男百川の娘旅子は淳和天皇を生むことにより皇室の外戚となり、式家は北家より大いに勢威を振るうが次第に衰微して、末裔は将門征伐の大将軍忠文などが目立つ程度である。この裔は遠藤氏族とも呼ばれる。
 遠藤氏は摂津渡辺党の一つとして活躍するが、後世まで栄えるのは為家の流れである。
 しかし遠藤氏は藤原南家説、嵯峨源氏渡辺氏族説がある。 

【井手氏】【焼風氏】【神野氏】    
※石田三成は桓武平氏良文流三浦氏族芦名氏流とされるが、式家宇合十四世長政の9世行成(祐快)とする異説がある。※尾張
【稲生氏】は宇合裔を称する。ほかに【井戸氏】が忠文裔。

《遠藤氏》           遠藤姓の県別人口分布表示   藤原式家トップへ戻る

【遠藤氏】【王子氏】【宮内氏】【遠江氏】【上野氏】【郡戸氏】【菅藤氏】
【中宮氏】【薩摩氏】【白木氏】【新藤氏】【井戸氏】【今西氏】
ほかに【窪津氏】が遠藤氏族。 

《稲生氏》                                     藤原式家トップへ戻る

【平賀氏】【稲生氏】
※尾張藩士【稲生氏】は桓武平氏三浦氏流を称する。

戻る