姓氏類別大観 

【藤原氏公季流】
 師輔の十男公季にはじまり、閑院家流とも呼ばれる。
 京都二条に南西洞院の西方一町の藤原冬嗣の家を閑院殿と呼ばれ、公季が伝領した由来に拠る。
 閑院実季の妹茂子が後三条天皇の女御となり白河天皇を生み、公実の妹苡子は堀河天皇妃となり鳥羽天皇を生むなど天皇家の大外戚となり子孫繁栄して、堂上家としては、
三条家西園寺家徳大寺家阿野家姉小路家正親町家今出川家押小路家大宮家風早家三条西家滋野井家清水谷家橋本家山本家小倉家四辻家河鰭家花園家裏辻家梅園家武者小路家西四辻家正親町三条家高松家の25家がある。 戦国大名では浅井氏、徳川大名家では、戸田氏(5家)が公季流を称する。


《三条家》                         公季流トップへ戻る

【三条家】【姉小路家】【風早家】【鹿園氏】【東三条氏】

《滋野井家》                           三条家へ戻る

【滋野井家】【河鰭家】【阿野家】【山本家】【北大路氏】【玉松氏】
※上記の他【中地氏】が滋野井実国十三世孫友吉の後裔、【千葉氏】が阿野実顕の庶流。


戻る