姓氏類別大観 

 【藤原氏道兼流】
 関白道兼に始まるこの流は、曾孫宗円が前九年の役に東下して凶徒調伏の功績により宇都宮座主となり、「宇都宮」姓を称する下野屈指の名族になり子孫は大いに栄える。
 また、この流は宇都宮氏族とも呼ばれ、常陸国筑波郡小田邑へ進出した支流に小田氏流がある。
 一族の分流は、北は奥州より南は九州、四国に勢力を広げた天下の大族である。
 大名家の大久保氏(3家)、阿倍氏(3家)、秋元氏は道兼流と称する。

【宮城氏】【菅谷氏】

《宇都宮氏》                        道兼流トップへ戻る

【宇都宮氏】【上条氏】【池上氏】【芳賀氏】【曽禰氏】【蒲生氏】
【高根沢氏】【戸祭氏】【大久保氏】【平出氏】が宇都宮泰貞の裔、
【大羽氏】【上泉氏】【神生氏】【小池氏】【岡本氏】【山田氏】【神谷氏】
が宇都宮氏流。

 下野・宇都宮一族 


《留守氏》                         道兼流トップへ戻る

【留守氏】【高城氏】【佐藤氏】【大条氏】【余目氏】
※上記の他【八幡氏】【高森氏】が留守氏一族。

戻る