姓氏類別大観 

【三島氏/内氏/宇治氏】
 天平勝宝3年(751)、舒明天皇の皇子賀陽王の後裔垂水王、廬原王、猪名部王等に三島真人を賜姓、等美王に内真人を賜姓。
 天平宝字2年(758)、絲井王に内真人を賜姓。
 天平宝字8年(764)紀に宇治真人宇治麻呂、宝亀11年(780)紀に内真人石田が見える。
 武蔵私市党久下氏は、田原族譜久下系図によれば舒明天皇皇子磯部親王とするが、日下部氏説、秀郷流藤原氏説、桓武平氏維将流熊谷氏族説などの諸説があり私市党系図諸本も大きく混乱錯綜している。

【三島氏】【内氏】【宇治氏】【久下氏】

戻る