姓氏類別大観 

【大宅氏】
 敏達天皇裔の国見真人真城は天平19年に、改めて大宅真人を賜姓されるに始まる。
 源義家の老臣大宅光任は前九年の役に戦功有り、七騎武者第一也と伝える。
 子の光房も後三年の役に高名を馳せ、頼朝公時代の光延は駿河国庵原郡高橋、由比、西山の領主となる。
 高橋氏の後裔は備中、石見などにも栄えて、江戸幕臣高橋氏は大宅姓と伝える。
 出自は他に武内宿禰裔、春日氏(孝昭帝裔)などの諸説がある。
 越後弥彦大宮司家高橋家も大宅光任の後裔を称するが、天香語山命後裔説、高志深江国造後裔説もある。
 また各地に大宅の地名多く、各地発祥の異流大宅氏が多いことも事実である。

【大宅氏】【小山氏】【落合氏】【立川氏】【小川氏】【布田氏】【大山氏】【石田氏】
【酒井氏】【早川氏】【大蔵氏】【西山氏】

《高橋氏/由比氏/西山氏》               大宅氏トップへ戻る

【高橋氏】【本城氏】【油比氏】【西山氏】
※以上の他【宇高氏】が高橋氏族。

戻る