姓氏類別大観 

【金刺氏】
 最古の皇別である神武天皇の皇子、神八井耳命裔の多氏と同族。 
 科野国造家からの別れで、金刺舎人を姓として伊那郡、諏訪郡の郡司及び諏訪下社大祝を世襲する。
 後裔の手塚光盛は、木曽義仲に従い勇名を馳せて、兄盛澄は鎌倉御家人となる。
 金刺氏族の後裔は信濃、駿河、遠江に広がり、上社諏訪神家の系統とも系図が交錯する。
 ほか出自については欽明天皇の皇子金刺王裔という異説も存在する。

《金刺舎人裔氏族綱要》
【金刺舎人氏】【他田氏】【他田舎人氏】【跡目氏】【深沢氏】【長田氏】【五味氏】
【神人部氏】

《金刺氏》                      金刺氏トップへ戻る

【金刺氏】【大氏】【諏訪氏】【植田氏】【手塚氏】【小泉氏】【蔦木氏】【春日氏】
【小野氏】【中村氏】【今井氏】
※上記のほか、金刺氏の支族として【大輪(大和、大羽)氏】【上泉氏】【高木氏】【上原(神原)氏】など。

《手塚氏/武井氏》                   金刺氏へ戻る

【手塚氏】【藤沢氏】【神氏】【武井氏】【武居氏】

戻る