姓氏類別大観 

【讃岐氏】
 景行天皇の子・神櫛別命の孫須売保礼命が応神朝に讃岐国造を賜うに始まる。
 敏達朝に凡直姓を賜姓、延暦10年(791)讃岐公に改賜姓、承和3年(836)讃岐朝臣に改賜姓。
 更に嫡流は本貫を京都に移して、貞観6年(864)に和気朝臣に改賜姓。
 讃岐で繁栄した後裔は、神内、三谷、寒川、由良、十河の庶子家を分出する。
 

《景行帝裔氏族綱要》
【茨田下氏】【身毛津氏】【吉備和智氏】【御使氏】【御立氏】【長谷部氏】
【土佐深淵氏】【賀茂氏】【因支氏】【和気氏】【阿牟氏】【大野氏】【刑部氏】【三保氏】
【相多氏】【多何氏】【岩城氏】【志波多氏】【印波氏】

※上記の他【水沢氏】【玉田氏】【気仙氏】【金沢氏】【小松氏】【網川氏】が相多氏裔。

《讃岐氏》                      讃岐氏トップへ戻る

【紗抜大押氏】【凡氏】【讃岐氏】【和気氏】【高津氏】【西村氏】【三木氏】
【神内氏】【寒川氏】【高松氏】

《植田氏/十河氏》                     讃岐氏へ戻る

【植田氏】【神内氏】【三谷氏】【由良氏】【十河氏】

戻る