姓氏類別大観
 

【嵯峨源氏】  附:仁明源氏
 嵯峨天皇より出た源氏で、源氏賜姓の始まりでもある。 嵯峨源氏の中で第18皇子の融が最も世に知られている。
 五代の綱は、父の病没後に生まれ母も出生十日後に喪うことにより、伯母に引き取られ摂津国渡辺郷で成人し、「渡辺」姓を称する。 綱の末裔は武門の家柄で、平戸藩主松浦氏、伯太藩主渡辺氏、尾張藩家老渡辺氏、幕臣渡辺氏(20余家)など。 

【北辺氏】【広幡氏】【東三条氏】【横川氏】【四条氏】【陽院氏】【楊梅氏】【田中氏】
【西七条氏】【竹田氏】

《仁明源氏》                     嵯峨源氏トップへ戻る

【纐纈氏】【花房氏】【榊原氏】【立石氏】
※上記の他【片山氏】【菅氏】【漆島氏】【和田氏】【夏目氏】【田中氏】【立川氏】【森氏】【大那氏】
【神文氏】【市真島氏】
が立石氏族。

 阿弥陀聖 空也―念仏を始めた平安僧 立石一族 (1980年) 法然 法然辞典 法然の生涯


戻る