姓氏類別大観 

【清和源氏義綱流】
 源義家の弟、義綱は京都賀茂神社で元服したことから、賀茂二郎と名乗る。 天仁2年に起きた源氏内での主導権争いに負けた義綱の四子は自害し、義綱自身も捕らえられて佐渡流罪となり、やがて殺されることとなる。
 義綱一族は全滅となるが、わずかに生き残った義綱四男義仲の子の盛宗が美濃国石橋に逃れて、子孫は石橋姓を称する。 義綱妾近江局の甥盛実は、義綱猶子となり源氏に改姓する。
 美濃三郎義明三男季明は外祖父季定の猶子となり物部に改姓、後裔に儒学者として著名な荻生徂来。

【賀茂氏】【馬屋原氏】【安田氏】【宮氏】【美濃氏】【石橋氏】【服部氏】
【三上氏】【山口氏】【佐久良氏】

※ほかに
【上谷氏】【三井田氏】【勢戸氏】が義綱流を称する。


《荻生氏》                      清和源氏義綱流トップへ戻る

【荻生氏】
 荻生徂徠 (叢書・日本の思想家)  荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫)

戻る